NEWS

ALLDAY 2018 SUMMER DAY1
試合結果と明日の試合開始時間変更について
 DATE : August 11, 2018

雨天により試合が明日へ持ち越しましたので、下記へスケジュールを変更します。また下記の時間も天候により変更になる場合がありますのでご了承ください

9:00〜
Aコート GAME19
Bコート GAME13

9:20〜
Aコート GAME20
Bコート GAME14

9:40〜
Aコート GAME21
Bコート GAME15

10:00〜
Aコート GAME22
Bコート GAME16

10:20〜
Aコート GAME23
Bコート GAME17

10:40〜
Aコート GAME24
Bコート GAME18

※ベスト8決定→本戦セットアップ

11:30
Aコート 本戦GAME1
Bコート 本戦GAME2

12:00
Aコート 本戦GAME3
Bコート 本戦GAME4

※ベスト4決定→Aコートセットアップ

13:00
Aコート SEMI FINAL 1

13:30
Aコート SEMI FINAL 2

※FINAL準備

14:30
Aコート FINAL

田臥勇太に富樫勇樹!
綺羅星の如く「TEAM WHY NOT?」のメンバーを極秘入手!
 DATE : August 11, 2018

田臥勇太に富樫勇樹!
綺羅星の如く「TEAM WHY NOT?」のメンバーを極秘入手!

代々木公園快晴!絶賛予選トーナメントを進行中のALLDAY 2018。メインストーリーはもちろん、"現在のTOKYO No.1チームがどこなのか?"ではあるが、50チームによる灼熱トーナメントの裏テーマは、来たる8月14日(火)に初来日するラッセル・ウェストブルック率いる「TEAM WHY NOT?」と対戦する「ALLDAY ALLSTAR」の選手選考、この週末のトーナメントで活躍したボーラーが個人でピックされるスカウティングである。そして、驚くべきは、NIKEより入手した対戦相手、「TEAM WHY NOT?」の顔ぶれ。日本人で唯一NBAでプレーした「田臥勇太(栃木ブレックス)」を筆頭に、「富樫勇樹(千葉ジェッツ)」、「竹内公輔(栃木ブレックス)」、「Ira Brown(琉球ゴールデンキングス)」、「古川孝敏(琉球ゴールデンキングス)」、「岡本飛竜(広島ドラゴンフライズ)」、そして3X3日本代表「落合知也 a.k.a WORM」まで、トップリーグの選手どころか、日本代表クラスがズラリと招集されたコト。さらに新たな選手を招集中との噂もあり、ラッセル・ウェストブルックをHCに、ドリームチームが対戦相手として用意された。

とは言え、闘いの舞台は、ALLDAYのホームコートであり、ジャパニーズストリートボールの"聖地"代々木公園バスケットボールコート。14年もの歴史を重ねたALLDAYが手にしたビッグチャンスは、今回エントリーしている全てのボーラーに可能性として提示されているのである



イベント概要

開催場所:代々木公園 バスケットボールコート
開催日:2018年8月14日 (火)
開場時間:14時30分 (予定)

イベント内容:
15:00~ KNOCKOUT TOURNAMENT 予選ラウンド (応募締め切り済み)
17:00~ KIDS CLINIC
17:30~ KNOCKOUT TOURNAMENT 決勝ラウンド
17:45~ 5 ON 5 EXHIBITION MATCH

*イベントスケジュールは、予告なく変更の可能性があります *KIDS CLINIC および 5 ON 5 EXHIBITION MATCH は応募を受け付けておりません、あらかじめご了承ください。 *会場内は一部指定席を除き全席自由席とさせていただきます。 *会場の混雑状況によっては、入場制限をかけさせていただく場合がございます。 *屋外のイベントとなるため熱中症対策など健康管理は十分に気をつけていただきますようお願いいたします。 *会場内での飲食の販売はございませんので各自でご用意いただきますようお願いいたします。


詳細はnike.jpでチェック!

ALLDAY 2018 SUMMER DJ/MC出演者情報
 DATE : August 10, 2018

DJ Hazime

東京/渋谷を中心に国内外で年間200回を超えるクラブ・プレイをこなす、日本のトップDJの一人。CLUB HARLEM(渋谷)の土曜日のレジデントを務め、プロデューサーとしても、SHAKKAZOMBIE / NITRO MICROPHONE UNDERGROUND /DABO / PUSHIM / RYO THE SKYWALKER 等、名立たるアーティストに楽曲を提供。2004年、2013年には自身のアルバム"AIN'T NO STOPPIN' THE DJ" Vol.1, Vol.2を、2010年、2011年、2013年、2014年には日本語ラップオンリーのオフィシャルMIX CD"THE EXCLUSIVES JAPANESE HIP HOP HITS"シリーズをリリースし、好セールスを記録している。また、クロージング・ブランド "DOUBLE HARD"のディレクターとしてファッション業界にも進出している。



DJ HOKUTO

日本は東京を始め全国区、国外はヨーロッパを中心とし、特にアムステルダムで活躍するDJ/SOUND PRODUCER。数々の有名DJ/PRODUCERを輩出したアムステルダムダンスシーンで主流のスタイル、「ECLECTIC」を日本で最初に体現し広めている。 現場主義を一貫し、DJを始めた当初から幾度も渡米。日本だけでは得られない経験を多く積み、DJには絶対的に必要な勘とクラウドが忘我する程のグルーヴを創る芸術的なMIXセンスを培う。アメリカからアジア、アジアからヨーロッパへと数々のツアーを周り、常に未知の場所でのプレイに挑戦してきた。今では国・人種問わず必ずクラウドに感動と興奮を抱かせるDJとして、世界中のパーティ好きに愛されている。



DJ MIKO

バスケットボールプレイグラウンドにDJブースを断固設置し続けた草分け。ALLDAY誕生のきっかけのひとつ、“FAR EAST BALLERS”のメンバーであり、ALLDAYは記念すべき2005年の第1回から、唯一無二のメインDJとしてスピン。様々なカテゴリーで、音楽の側面から日本のバスケットボールを盛り上げている。



MC MAMUSHI

東京出身。00年代中期よりストリートボール(ストリート・バスケットボール)のMCとしてキャリアをスタート。コート上からゲームを激しく煽る独自の実況スタイルを確立し、現在ではプロリーグやメーカー主催のビッグゲーム、ストリートのローカルゲームと、どんな現場でもその存在感を発揮するバスケットボール・アナウンサーとして知られる。自身も元々はプレイヤーであり、バスケットボールへの造詣が深いことからオリジナルゲームの主催やイベントのコーディネート、コンテンツ企画や商品企画、コラムニストとしても活動。また、そのユニークなキャラクターと抜群の進行能力が評判を呼び、ジャンルを超えてさまざまなイベント、コンペティション、パーティーから広くオファーを受けるMCとしても活躍中。今シーズンは、Rakuten TVにてNBAデイリーハイライトのナレーターを担当。



ALLDAY CHAMP SHOES 2018 SUMMER
 DATE : August 10, 2018

CHAMP SHOES

ALLDAY CHAMP SHOES 2018 SUMMER

いよいよ今週末8/11,12に開催される「ALLDAY2018SUMMER」。そのチャンピオンチームに贈呈されるプライズALLDAY CHAMP SHOESは「JORDAN WHY NOT ZERO.1 PFX」!手に入れるのは、どのチームか?



JORDAN WHY NOT ZERO.1 PFX

レベルアップしたデザイン、軽くて風通しの良いフィット感
ラッセル・ウエストブルックの大胆なテイストにマッチした、近未来的なデザインが特徴のジョーダン "Why Not?" Zer0.1 LOW PFX メンズ バスケットボールシューズは、軽量のアッパーとNike Airクッショニングを採用し、トリプルダブルの達成をサポート。

ALLDAY 2018 SUMMER PREVIEW!!
 DATE : August 10, 2018

ALLDAY 2018 SUMMER Preview

代々木公園ナイキバスケットボールコートを舞台に、2日間かけて総勢50チームによってその頂点が争われるストリートボールトーナメントALLDAY(オールデイ)!2018年の開催は発表された通り、この8月のSUMMER TOURNAMENTのみとなる!2005年8月の初開催から丸13年が経った今も「年齢・性別・国籍・キャリア及びカテゴリ一切不問の完全オープンエントリー制」は変わらない。

今回も定員数を大きく上回るチームエントリーの中から厳正なる選考の末に出場が決まった49チームと、去年開催した前回のALLDAY、2017 SUMMERのチャンピオンチームであるBLACKTOPを予選免除のスーパーシード枠チームとして迎えた50チームによる2Daysトーナメントのプレビューをここに公開!また今大会で活躍が認められて選抜されたボーラーは、8月14日(火)に代々木公園ナイキバスケットボールコートにて開催されるNBAスターのラッセル・ウェストブルック来日イベント、RUSSELL WESTBROOK 2018 WHY NOT TOURでのエキシビションゲームに出場となるのでその点も注目だ!

tournament


まずは8月11日(土)に2コートで展開される予選トーナメントからALLDAYはスタート!A~Hまで分かれた予選ブロックの中、予選免除でDブロック代表として翌12日(日)の本戦トーナメントの出場が決まっているのが前回の王者BLACKTOP!その他7チームの本戦トーナメント出場チームを決める予選トーナメントは12分1本勝負!今大会から、予選トーナメントの「延長戦は5分から3分(残り2分まではランニングタイム)」となっているから気をつけて欲しい。


Aブロック

さてトーナメントを見てみると、予選トーナメントAブロックの1回戦免除のシード枠は前回のベスト8チームであるF’SQUADが獲得!対抗馬予想はアメリカ人チームMisawa Warriors、青森からSOMECITY AOMORIで活躍する若手ボーラーたちによるSA RISINGGUNS、粒揃いのchilldren、拓殖大学OB&現役によるORANGE CRATES辺りが挙げられる。日本中で知られている有名なストリートボールクルーであり経験値も高いF’SQUADの牙城を崩すことはできるか!?


Bブロック

Bブロックには、こちらも前回大会のベスト8であった神奈川オールスターズのSIMONがシードチームとして登場。同ブロックにはこのALLDAYにめっぽう強く、また近年では3x3.EXE PREMIERでも頭角を表すCrayonや、関東のストリートボールゲームで段々と頭角を表しつつあるCommander Ginyu、そして外国人チームであるYokohama pariwaraがSIMONに挑むこととなった!


Cブロック

Cブロックには2017年の春のALLDAYでベスト8に進出するも、前回大会は予選の初戦で姿を消した千葉柏の勉族を中心に、東京ストリートボールの代表格でもあるTOKYO BEAST、大阪ストリートボールが誇るスコアラーであるカッシーによる道頓堀ファイターズ、また台湾から参戦の樹林中學と混戦が予想される!


Eブロック

Eブロックのシードチームには、ALLDAY史上最多のチャンピオン回数を誇るUNDERDOGが登場!対抗チームはUNDERDOGにALLDAY最多優勝回数を抜かれてしまったSunday Crewを筆頭に、ALLDAYの常連チームである四次元ポケットにNo name ballerZ、仙台からS.H.U SENDAI、愛知からきまぐれ貴族がチャレンジすることとなった!


Fブロック

Fブロックでは前回初めてALLDAYベスト8に出場したLIBERTY TOKYOが予選のシード枠を獲得!しかしながら同ブロックには日本中で知られる平塚Connectionsや埼玉の名シューターKIKUによるREPUBLIC、日米混成チームのRED HILL GANGやベテランストリートボーラーによるBONSOL、また若手ではTeam Labや現役高校生の千葉ピーナッツといったユニークな面々が揃っており、この中から本戦トーナメント出場の一枠をかけて争われる!


Gブロック

Gブロックのシードチームは前回ベスト8のBRM!そこにかつてALLDAY2連覇を果たした横濱Team-Sや、代々木公園ナイキバスケットボールコートをホームとし、あのテーブス海を招集したというみるき~ず、多国籍なメンバーによるTokyoFAMが交じ合うする熾烈なブロックとなった!


Hブロック

Hブロックには前回のファイナリストチームであり横須賀米軍基地チームのTEAM Yokosukaがもちろんシードチームして登場!対抗馬予想は、ALLDAY 2016 SUMMERを制したCBJ TRY-HOOPで優勝を経験したメンバーによるCBJや、東京ストリートボールの雄420、東京クラブチームからの参戦ScaryMonstersや20代前半によるG'Forceたち!もはやALLDAY決勝戦の常連と化しているTEAM Yokosukaを超えるアップセットは起こるのか!?


さぁ、この通り7つの予選トーナメントを勝ち上がってきた7チームに、前回王者BLACKTOPを加えたベスト8が8月12日(日)の12:00から展開されるALLDAY 2018 SUMMER本戦トーナメントにジョーダンブランドのALLDAYオリジナルユニフォームを着用して出場することとなる!関東はもちろんのこと、県外からも海外からもエントリーがあった今年唯一のALLDAY!東京No.1を超えて、日本No.1の5on5ストリートボールを決めるトーナメントとなるALLDAY 2018 SUMMERを存分に楽しもう!

ALLDAY 5ON5 BASKETBALL TOUENAMENT ルール変更のお知らせ
 DATE : August 08, 2018

とうとう今週末!8月11日(土)~12日(日)に代々木公園ナイキバスケットボールコートにて開催されるALLDAY 2018 SUMMER!ALLDAY実行委員会が協議の上、今大会からALLDAYルールが変更となった!大幅な変更はなく、あくまで現代のトレンドに即したマイナーチェンジ的意味合いのルール変更なので安心して欲しい。事前に変更点をチェックしておこう!

※ルール全文はこちらから


ルール変更について

1)延長戦の時間
予選 5分 → 3分 (残り2分止め)
準々決勝〜 5分 (残り2分止め)

2)タイムアウトの数
予選 1回
準々決勝〜 前後半 合わせて2回
延長 1回
※前後半1回づつ →前後半合わせて2回に変更。前半取らずに後半2回取ることが可能。

3)タイムアウト後のスローイン
バックコートでタイムアウトがコールされた場合は、全てセンターラインをまたいだ位置からスローイン

4)トラベリング (FIBAのルール変更と同様)
動きながら片足が床につきながら、またはドリブルを終えてボールをキャッチしたとき、次に床に触れる足が1歩目=ピボットフットとなる。
※参考動画

5)ジャンプシューターの着地点に入る行為 (NBAのルール変更と同様)
ディフェンスが空中に飛んだシューターの着地点に入った場合はディフェンス・ファウルとする。ジャンプシューターは安全に着地できなければいけない。
※参考動画

ただし、シューターが足を蹴り上げるなどしてリーガルポジションにあるディフェンダーに対して自ら接触した場合はオフェンス・ファウルとなる。
※参考動画


Rule Change

1)Overtime
Pre-Tournament(until best 16): 3min (Clock stops during last 2min)
Final Tournament (from best 8): 5min (Clock stops during last 2min)

2)Number of Time-outs
Pre-Tournament(until best 16): 1 time-out
Final Tournament (from best 8): 2 time-outs for the game
Overtime: 1 time-out

*If you don’t use timeout during 1st half, you an call 2 time-outs in 2nd half.

3)Throw-In following Time-out
Following every time-out taken by the team that is entitled to possession of the ball from its backcourt, the subsequent throw-in shall be administered at the half-court line.

4)Travelling (FIBA Rule Change)
While moving and having one foot on the floor while catching the ball or ending a dribble the next foot or feet to touch the floor is „Step 1“ and will become the pivot foot.
https://youtu.be/r1Aq1VdECY0

5)Defensive Foul, Defender walks under airborne shooter(NBA Rule Change) Defenders may not move into the landing area of an airborne shooter. The airborne shooter must be allowed to return to the floor safely.
http://videorulebook.nba.com/archive/defensive-player-walks-under-airborne-shooter/

However, if shooter kicks out leg into legal defender, it’s offensive foul. Offensive players may not extend any part of their body into a legal defender in an effort to draw a defensive foul.
http://videorulebook.nba.com/archive/offensive-foul-shooter-kicks-out-leg-into-legal-defender-2/

< Previous Next >

ALLDAY facebook

ALLDAY CHANNEL "Twitter"

ALLDAY CHANNEL "YouTube"

ALLDAY PHOTO GALLERY

TOPICS

PLAY GROUND DESIGN PROJECT

PLAY GROUND DESIGN PROJECT

2009年夏、老朽化した代々木バスケットボールコートのリニューアルをするべくNIKEとMEDICOM TOYが共同で行ったPLAY GROUND DESIGN PROJECT。

→詳しく見る/READ MORE»

MAIL MAG

ALLDAY MEMBER

ALLDAY STREETBALLをジャーナルするallldaymag.comが提供する最新のALLDAYニュースを、メールにて登録会員の皆さまにお届けするメールニュースサービスがスタート!

→登録する/ENTRY»

主催

  • komposition

協賛

  • nikebasketball

PARTNER LINK

  • above magazine

PARTNER LINK

  • HOOPERS
  • A-1 STORE
  • legend
  • somecity
  • for_game
  • gallery2
  • mamushi
  • JIRO BLOG
  • SPACEBALL MAG
  • NADA